インデックスファンド 出口戦略【賢い崩し方】

インデックスファンドの賢い切り崩し方

コツコツ長期で運用してきたインデックスファンドも、人生の後半に入ってきたら「貯める」のではなく、「使う」方向にシフトしていかなければいけません。

 

その上手な切り崩しの方法を解説したよ。

上手に切り崩せば、資産を長持ちさせることができます。

 

結論

  1. つみたてNISA期間の20年は売らない。
  2. 給与所得、事業所得があるうちは売らない。
  3. 4%ルール
  4. 暴落相場では売らない。

 

解説 

1つみたてNISA期間の20年は売らない。

毎月33,000円で20年間、年利5%で運用していると、13,564,111円になります。

積み立てるだけだと、7,920,000円だから、インデックスファンド運用すると5,644,111円金利が付いているということです。

20年間の運用益5,644,111円には税金がかかりません。

つみたてNISAでなければ税金が20.315%かかりますので、1,146,601円は税金として徴収されます。

切り崩しても税金はかかりませんが、元金が減るので運用益も減ります。

できるだけ、20年間は切り崩さずに非課税枠はMAXで使いたいですね。

 

2給与所得、事業所得があるうちは売らない。

「つみたてNISA」は20年経つと課税口座に移される。

複利は元金が大きいほど効果が大きいので、つみたてNISA枠内の20年を過ぎても「給与所得」「事業所得」があるうちは売らない方が断然得です。

このまま30年運用すると、税金はかかってきますけど、資産は27,464,535円になり、運用益は15,584,535円!!!!

ちなみに今の平均年利7%だったとしたら、運用益は28,379,043円!!!

まあ、皮算用だけど。まんざら嘘でない数字だと思います。

 

複利を活用すべし!

 

34%ルール

給与所得がなくなって、年金生活者となってからは、いかにインデックスファンドを切り崩していくかが気になりますよね。

出口戦略では、4%ルールが有名です。

4%ルール
定額:毎年、引退時資産の4%を定額で切り崩す。
引退時の資産が3,000万円あったとしたら、その4%にあたる120万円を毎年切り崩していく方法です。
トリニティ・スタディ2018年の発表では、定額4%で切り崩していてっも、30年後に96%の割合で残高が残っている。

 

定率:毎年、資産残高の4%を定率で切り崩す。
300万円なら約12万円/年
1,000万円なら約40万円/年
5,000万円なら約200万円/年

切り崩す方法は「定額」と「定率」の2つがあります。
「定額」は毎年同じ生活資金を使うことができます。
「定率」は「ドルコスト平均法」に似て、効率的な資産運用ともいえます。
どちらを選んだとしても、インデックスファンドの期待リターンは3~5%なので、4%で切り崩すことは理論上資産は減りずらいということになります。
その年のリターンが5%なら、むしろ資産は増える!
要するに運用しながら取り崩していけば長持ちするってことです。
4%切り崩しルールにより、複利を活用しつつ残高を確保していくことで、100年人生を生き抜くことができる。
どちらの方法も、毎年やるには面倒だし、やり方によっては税金を多く取られたりします。
2019年から楽天証券が「定額」「定率」の「切り崩しサービス」を始めました。
まあ、この記事を読んでいる人には、まだまだ先のことですけどね。(^_-)-☆

4暴落相場では売らない。

暴落相場で切り崩すことは、単純に安く売ることになります。

相場は短期的に大きく変動しても、長期的には良くなっていきます。

 

それは、世界はどんどん良くなっているから。

ビルゲイツが大絶賛の「ファクトフルネス」は一読の価値ありです。


暴落していたら、しばらく様子を見ることが得策です。

 

まとめ

  • インデックスファンドは「つみたてNISA」期間の20年間は売らない方がお得。
  • 「つみたてNISA」期間が終わっても、所得があるうちは継続がお得。
  • 切り崩しは、「4%ルール」に従って運用しながら切り崩すことがお得。

 

インデックスファンドは、は入り口(つみたてNISA)から出口戦略まで、ある意味完ぺきなファンドに仕上がっています。

これはできるだけ早いうちから運用を始めるべき資産運用方法といえると思います。

関連記事

    今回の記事に関して、ご意見・感想などありましたら下記フォームよりどうぞ!

    以下の内容を書いていただけると、より詳細にアドバイスができます。
    【質問内容】
    【年齢】
    【職種】
    【副業にかけられる時間・お金】
    【どのくらい稼ぎたいのか】

    ※内容は自由です。お気軽にお書きください。

    ※基本的に返信は1~2日でするように心がけています。
     私は内容一つ一つを真剣に対応させていただきますので、
     内容によっては多少時間がかかることも了承願います。

     また、登録アドレスが違う場合もございます。
     しばらくたっても返信がないときには、その旨確認願います。

    ※内容は自由ですが、最低限「何を聞きたいのか!」は入れていただければ、
    そのことに関してはしっかりと返信させていただきます。(^_-)-☆

    ※たまーに、マナーの悪い方がいらっしゃいます。
    メールといえど、礼儀作法は大切ですからね。よろしくです。

    ※当然ですが、売り込み勧誘はお断りです。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事