はせがわおすすめパソコン周辺機器

“ドメイン編”

 

ドメインはインターネット上の住所のようなものです。

 

インターネットビジネスは、

サーバーという土地を借りて、

ドメインという住所でコンテンツを作成していくのです。

 

ドメインは、

〇〇.com、〇〇.netとかのことで、

 

〇〇のところを自分で

Hasegawa.comのように指定して空いていれば取得できます。

自分の望むドメインは大抵取られてしまっているので、

Hasegawa01.comとか工夫して取得するようになると思います。

 

現在では、

.com .net .biz .clubと色々出ていて、

特に.jpは行政機関等によく使われるため信頼度が高いといわれています。

 

ほかにも日本語.comのように日本語のドメインもあります。

 

 

基本的には、サイトのコンテンツが重要なので、

あまりドメインに拘ることはないのですが、

 

Igeajiaj.comとかめちゃくちゃなドメインだと

スパムとか詐欺サイトと思われます。

 

また、eroero.comなんてサイトは

アダルトサイトと思われて敬遠されるかもしれません。

 

 

ここら辺に気を付けてドメインを決めれば、

そんなに大差なく大丈夫です。

 

さっそく探してみましょうか。

こちらになります。

 

ここでは、ドメインがとれるかどうかの確認だけにしてくださいね。

エックスサーバーでサーバーの契約をすれば、

無料で1つドメインがもらえますからね。

 

 

 

 

ドメイン1つプレゼントのエックスサーバーはこちら

 

 

 

 

色々と調べていると、

“中古ドメイン”って言葉が出てきます。

SEO対策として中古のドメインを使用したりもします。

 

文字通り中古のドメインということですが、

Googleやyahoo等の検索エンジンは、

【ここ重要です。】

検索者に、より有益な情報を届けてくれるサイトを

なるべく上位に出てくるように日夜検索エンジンを改良しています。

 

その内容は公開されていませんが、

 

便利で有益な情報サイトとは、

例えば、

*リピートが多いサイト

*昔から使われているサイト

*リンクがたくさん張られているサイト

*情報量の多いサイト

 

ほかにもいっぱいあると思いますが、

こんなことが想定されます。

 

 

中古ドメインは、

昔から使われているサイトになると思います。

 

そのドメインを買い取って始めれば、

そのドメインの集客力をはじめから使える!

ということになります。

 

ただし、高額であり当たりはずれもあるので、

よほどそのドメインが気に入る!?(自分の名前とか!?)

ことがなければスルーしましょう。

 

集客の方法はほかにもあるし、

王道としては、

役に立つコンテンツを作れば、

おのずと人が集まってきます。

 

そのようにgoogleやyahooは

日夜検索エンジンの改良をしているのですからね。

 

 

ここ重要です。

これからも何回もお知らせすると思いますけど、

 

SEO系のツールは、

Google、yahooとのイタチごっこです。

 

効果がないとは言いませんが、

Google、yahooとかに違法やスパムと判断されたら、

その時点から効果ゼロですからね。

 

この情報は役に立つのか!

これが勝負どころです。

 

おすすめの記事